コストコのマンゴー、緑がおすすめ?メキシコ産などマンゴーについて紹介

国内

スポンサードリンク
 





 

人気のコストコマンゴー

緑のマンゴーがおいしいと噂になっているけど、

種類も豊富でどれを選んだらいいのかわからない。

 

コストコでおすすめのマンゴーや、

メキシコ産などの外国産マンゴーについて紹介する。

 

 

スポンサードリンク
 




 コストコでマンゴーを買う!緑がおすすめ?

 

 

美味しいと噂のコストコマンゴー。

美味しさもさることながら、

安さも人気の理由だ。

 

どんな種類のマンゴーが売られているのだろう?

コストコでは2種類のマンゴーが売られている。

1つがメキシコ産マンゴー

 

日本のマンゴーに近い品種で中でも

「ケント種」と「トミーアトキン種」が

メインで売られている。

 

「ケント種」は繊維が少なく、

きめ細やかでプリンのようなトロっとした食感

 

「トミーアトキン種」は繊維が少し多めで、

すっきりしたとした酸味があるのが特徴だ。

 

時期によって変動があるが、

価格は4㎏で約1000~1500円

手のひら大のマンゴーが1箱6~10個入っている。

 

2つ目はオーガニックアタウルフォマンゴー

マンゴーの王様と呼ばれるアタウルフォマンゴー。

 

甘い香りが特徴で、まろやかなコクがある。

洋ナシのような形と大きさで食べ応えがある。

 

こちらも価格に変動があるものの、

1パック6個入り1000円程度で売られている。

主にこの2種類がコストコでは売られている。

 

どちらのマンゴーが緑なのか?

実はどちらも緑色ではある。

 

しかし、メキシコ産マンゴーは緑や赤、

黄色が混ざった色鮮やかなマンゴーである。

追熟してもあまり色は変化しない

 

一方、アタウルフォマンゴーは熟すと黄色なのだが、

熟す前は緑色をしている。

 

この時点で食べるとまだ甘みが足りず酸っぱいのだが、

上手に追熟すると緑色から

きれいな黄色のマンゴーに変色し、味も甘く美味しくなる

 

緑のマンゴーとは

追熟前のアタウルフォマンゴー

のことと推測できる。

 

だが、アタウルフォマンゴーのほうがおすすめか?

というと一概にそうではない。

 

メキシコ産マンゴーもアタウルフォマンゴーも

追熟方法を間違えなければ

甘いマンゴーを食べることができるので、

どちらもおすすめだ。

 

すぐに消費したい場合黄色いマンゴー

追熟して長期保存したい場合緑のマンゴー

を購入するといいだろう。

 

マンゴーはメキシコのがいいの?

 

 

沖縄、鹿児島、宮崎など

日本の南国でとれる国産マンゴー

 

その多くは贈答品などに使用されるほど

高価なものであることは皆さんご承知の通りだろう。

自分で購入するには高すぎる

 

そこでおすすめなのが外国産マンゴーだ。

種類も産地も様々あり、

産地ごとのマンゴーを楽しむことができる。

 

日本に輸入されるマンゴーのうち、

一番輸入量が多いのが、メキシコ産マンゴー

 

全体の約40%を占めていて、

収穫時期が長いため、

1年を通して流通している。

 

 

そのほとんどが国産と同じ

アップルマンゴーといわれる品種で、

濃厚な甘みがあり美味しい

 

そして何より嬉しいのが安価なこと。

気軽に購入できるのでおすすめしたい。

 

注目!台湾産マンゴー

台湾かき氷を思い出す人も多い台湾マンゴー。

 

実は台湾では4種類ほどの品種が栽培されており、

日本には「愛文」と呼ばれるアップルマンゴー

多く輸入されている。

 

台湾産とメキシコ産との違いは新鮮さだ。

メキシコ産などの外国産マンゴーの多くは帆船輸送されるため、

熟す前に収穫するが、台湾マンゴーは空輸のため、

国産と同じように、熟したものを日本に送っている

 

そのため、しっかりと熟し濃厚な甘さのマンゴーなのだ。

その他、フィリピン、タイ、ペルー、ブラジルなどの産地があり、

日本に輸入されている。

 

それぞれの産地で甘さや食感に特徴があり、

好みにも違いが出るので、見かけた際には

ぜひいろんな産地のものを試してみてほしい。

 

 

まとめ

 

 

そのまま食べても料理にしてもおいしいマンゴー。

 

高価なイメージのマンゴーだが、

メキシコや台湾などの外国産マンゴーなら

1年中楽しめて、しかも美味しい!

 

コストコなどを利用して、

気軽にマンゴーを楽しもう

 

タイトルとURLをコピーしました