賃貸の洗面台、プラスチックの黄ばみ!賃貸の洗面台の黄ばみ…プラスチックなら?洗面台掃除のコツ

日常

スポンサードリンク
 





 

賃貸物件に住む際に新築でない限り

前に住んでいた人の汚れが気になるところだが、

あくまで借りているところなので掃除をするにしても

傷をつけないように気を付けなければならない

 

水回りや白いところの黄ばみ

見てよくわかるので気になる人は多い。

今回は賃貸の洗面台黄ばみを傷つけずに取り除く方法を説明する。

 

 

スポンサードリンク
 




賃貸の洗面台の黄ばみ!プラスチックの黄ばみ、賃貸ならどうする?

 

 

人間が使うところでよく汚れるところはやはり水を使うところだ。

賃貸の洗面台の黄ばみを自分で試してみた人も多いだろう。

かんたんには落ちないことが多い。

 

ホームセンターやインターネットでも今は

たくさんの種類の汚れを落とすことができる洗剤やクリーナーがある。

 

ただしそれらは実際に試すことができず、

本当に汚れが落ちるのかは使ってみないとわからないことがほとんどだ。

 

プラスチックの黄ばみの注意点は、

プラスチックに使うことができる洗剤やクリーナーではないと

余計に黄ばみが目立ってしまったり、

ひどい場合は変形したり溶けてしまうこともあることだ。

 

掃除の際は掃除する場所の素材の確認をしっかりしよう。

または掃除のプロに任せるのもひとつの手だ。

 

プロに任せることは料金が高いイメージがあるが、

自分であれこれ試してお金や時間を費やすよりも

いい方法になる場合もある。

 

汚れを取り除いた後は、

それで終わってしまっては実にもったいない。

次に汚れないようにぜひとも予防までしたいところ。

 

掃除はきれいにしたら終わりではない、

次に汚れがつきにくくするようにしよう

 

 

プラスチックの洗面台掃除のコツは?

 

 

ではプラスチックの洗面台を掃除するコツはあるのだろうか。

 

クエン酸と重曹を使うことをおすすめする。

なんでもかんでも強力な合成洗剤やクリーナーを

つければいいことはない。

 

ニオイがきついものや

換気をしないといけないような洗剤やクリーナーは

多く使うと人の体にも環境にも影響がある可能性があるので注意が必要だ。

 

また、汚れには酸性アルカリ性がある。

 

油汚れや食べこぼしなどの汚れは酸性

石けんのかすや水アカなどの汚れはアルカリ性

その汚れごとに落とし方が異なる

 

酸性汚れにはアルカリ性洗剤

アルカリ性汚れには酸性洗剤が効くといわれている。

しかし洗面台には酸性汚れもアルカリ性汚れもある。

 

そこで両者を混ぜて使うことが望ましいのだが、

この混ぜるという行為にも注意が必要。

混ぜるな危険と表示されている洗剤やクリーナーは

決して混ぜてはいけない

 

有毒ガスが発生し、命の危険さえあるので

必ずそこは守ってほしい。

 

クエン酸と重曹の組み合わせは問題ないので安心してほしい。

特に重曹は料理用にはなるが人が口にしても大丈夫なもので

肌にも優しく環境にも優しいものだ。

 

黄ばみがひどい場合はクレンザーは

研磨剤が含まれているので

様子を見ながら磨いてみることもおすすめだ。

 

 

まとめ

 

 

洗面台の黄ばみを落とすには、クエン酸と重曹

黄ばみがひどい場合は

クレンザーも様子を見ながら試してみると良い。

 

賃貸の場合は自分の家ではないので

好き勝手にしていいというわけではないことを

頭に置いておこう。

 

傷をつけてしまうとその傷の度合いに寄れば

引っ越しする時に傷の補修代を請求される可能性

あるので気をつけたい。

 

また、掃除をしたらそれで終わりにするのではなく、

汚れをつきにくくするための予防もしておきたい。

 

洗面台は水を使うところなので、

夜に寝る前でもいいので水滴を取り除くことで

汚れを防ぐことができる。

 

布やタオルで乾拭きをしておくことをおすすめする。

自分は特に銀色の蛇口部分は毎日欠かさず最後は乾拭き、

これは日課でおかげ様で新しいかのようにピカピカなままだ。

 

自分は掃除が苦手なので、

逆に大きな掃除をしなくてすむように

汚れをつきにくくするように努力している。

 

汚れはついてしまう前にぜひつかない予防をすることが

面倒な掃除を減らす方法なのかもしれない、

と自己満足している。

 

タイトルとURLをコピーしました