豆乳ヨーグルトや豆乳は太るの?バストアップに牛乳と豆乳どっち?

日常

スポンサードリンク
 





 

バストアップに効果的という

豆乳豆乳ヨーグルト

 

しかし「豆乳や豆乳ヨーグルトは太るのでは?」

と心配する女性も多い。

 

また、バストアップには豆乳より牛乳のほうがいいのでは?

と疑問視する声も。

 

そんな疑問にお答えする。

 

 

スポンサードリンク
 




豆乳ヨーグルトってどう?豆乳は太るもの?

 

 

豆乳や豆乳ヨーグルトって

どんな成分が含まれているのか?

豆乳とは、みなさんご存じの通り、大豆でできている。

 

「大豆を水に浸し、すり潰したものを煮詰め、

タンパク質などの成分を抽出した汁を濾したもの」

が豆乳である。

 

大豆に含まれるタンパク質は、

植物性タンパク質で消化に時間がかかり、腹持ちがいい

 

また、中性脂肪を抑えるという、

嬉しい効果のあるサポニンも大豆に含まれている。

 

加えてビタミンB群も豊富なので、

糖質や脂質の代謝を促してくれる

だから、豆乳は太りにくいと言える。

 

 

なぜ、豆乳は太ると勘違いされているのか?

 

 

「豆乳は太る」と勘違いしている人が多いのはなぜか?

それは豆乳や豆乳ヨーグルトの

選び方、取り方に問題がある。

 

まずは、豆乳の種類を見てみよう。

 

豆乳には「無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」がある。

 

無調整豆乳は、大豆のみを使って作られたもの。

 

調整豆乳は、飲みにくい豆乳を飲みやすくするために

砂糖や塩を加えてあるもの。

 

豆乳飲料は、調整豆乳に果汁やフレーバーなどを加えて

さらに飲みやすくしたものを指す。

 

このように、豆乳といっても

様々な種類があることがわかる。

 

もちろん砂糖やフレーバーなどが加われば、

それだけカロリーも上がってしまい、太る原因になる。

 

太るのが気になる方は、

カロリーの低い無調整豆乳を選ぶ必要があるのだ。

 

豆乳ヨーグルトの場合はどうか?

 

豆乳ヨーグルトは豆乳に乳酸菌を加え発酵させたものなので、

無調整豆乳と同じく低カロリー

 

しかし、豆乳ヨーグルトもそれだけで食べるには

少し食べにくさを感じる。

 

そのため、果物を加えたり、はちみつを加えたりしていると

カロリーが高くなるので注意しなければいけない。

 

また、取り方も重要だ。

 

無調整豆乳の100gあたりのカロリーは約46kcal

調整豆乳の100gあたりのカロリーは約64kcal

 

一杯当たりのカロリーは低いが取りすぎは禁物。

頻繁に取らず、1日に1~3杯を限度に。

 

また、取るタイミングとしては食事の前がベスト

豆乳に含まれる「サポニン」という成分が満腹中枢を刺激するので、

食事の前に飲むと食べ過ぎを防いでくれる。

 

この成分、脂肪の吸収を抑えるという嬉しい作用もある。

飲む量や取り方に気を付けていれば、

豆乳はダイエットに最適な食品といえる。

 

 

バストアップなら…牛乳と豆乳ではどっちがおすすめ?

 

 

ダイエットもしながらバストアップもしたい!

と思うのが女性というもの。

 

ダイエットに効果的な豆乳でバストアップ出来たら一石二鳥だが、

果たしてバストアップ効果があるのか?

それとも牛乳のほうが効果的?どっちだろうか?

 

女性のバストのほとんどは脂肪でできている

 

しかし、バストの大きさを左右するのは脂肪ではなく、

乳腺組織といわれるもの。

だから乳腺組織が発達すればバストアップが期待できる

 

では、どうやって乳腺組織を育てるのか?

 

それは「エストロゲン」という女性ホルモンが重要で、

このホルモンが乳腺細胞を増やし、

バストアップに関係しているのだ。

 

豆乳は多くの「大豆イソフラボン」が含まれている。

この「大豆イソフラボン」が

実は「エストロゲン」に似た成分でできている。

 

豆乳を飲むことで「エストロゲン」に似た

働きを持つ「イソフラボン」を摂取できるので、

乳腺細胞の活性化につながり、バストアップ効果が期待できる。

 

しかし、「イソフラボン」の大量摂取は

健康に害があるため、過剰摂取には注意が必要だ。

 

牛乳は脂質を多く含む食品。

 

ほとんど脂肪でできているバストに効果がありそうだが

牛乳の脂質の多くはエネルギーとして消化してしまい、

バストの脂肪としては付きにくい成分である。

 

しかも、豆乳に比べるとカロリーが高いので

飲みすぎると太ってしまう危険がある。

 

しかし、動物性タンパク質が

バストの形成を助ける働きをするので、

まったく効果がないとも言い切れない。

 

豆乳、牛乳の成分をよく知ったうえで選ぶ必要がありそうだ。

 

 

まとめ

 

 

ダイエットだけでなく、

バストアップにも期待できるスーパーフード「豆乳」

 

体に優しい「豆乳」を選び、

飲む量やタイミングに気を付けながら毎日続けて、

理想の体型、バストを手に入れよう。

 

タイトルとURLをコピーしました